株への投資のリスクへの注意とピクテのサービス

株へ投資をするときに注意しなければならないことはいくつかありますが、その一つが資産を集中させすぎないことです。資産を集中させすぎると、一気に損失を発生させてしまう可能性がありますから注意が必要です。たとえば、ある企業の株に全額を投資した場合を考えてみましょう。もしもその企業の業績が良くなれば、大儲けできる可能性はあります。しかし、その企業の業績が悪化すれば、損失額は大きくなります。最悪の場合には、企業が破綻して株が1円の価値も持たなくなってしまう可能性があります。以前は株券があって、それが紙くずになったと表現したのですが、現在は株券自体が廃止されていますから、紙くずさえ残らない状態になってしまいます。

このような点に注意しなければなりませんが、そのための便利な商品が投資信託です。投資信託を用いることによって、資産を集中させずに済みます。たいていの投資信託は複数の銘柄を組み入れていますから、株に投資をすることによって注意しなければならない部分のいくつかは避けることができます。投資信託は、たとえばピクテなどの投資顧問会社が運用しています。

ピクテは、スイスのジュネーブにある会社で、ヨーロッパでは最大金額を運用している会社です。日本にはピクテの法人があります。もともとは企業を対象として資産運用のサービスを提供していたのですが、現在ではそのノウハウを生かして投資信託を運用しています。ピクテは運用会社の一つですが、グローバルに展開していることから、いろいろなものに分散をしようと思ったときには最適です。たとえば、日本とアメリカとヨーロッパに分散して投資をしたいというニーズにも応えてくれるでしょう。